おち夢クリニック名古屋

AMH値で決める治療方法

採卵するための「事前の準備」、「良好卵の育て方」をより丁寧に診て決めていくために、『おち夢クリニック名古屋』ではAMH(抗ミューラー管ホルモン)を院内で測定しています。AMH値とFSH値ならびに超音波検査で卵巣内に確認した小卵胞の数から、治療方法や治療方針を判断しています。

1. 事前の準備(卵巣のリセット)

前周期、前々周期の卵巣のリセットのため、ピル投与・ストイックカウフマン療法の方法を、前周期のAMH値で判断しています。

2. 良好卵の育て方

採卵周期のAMH値で、どのような治療方法が最適なのか(完全自然周期、フェマーラ単独自然周期、ドラッグフリー周期、フェマーラ併用自然周期、クロミフェン周期など)を選択します。

【AMHって何?】

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは、卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンです。

女性は、生まれつき200万個もの原子卵胞(卵子のおおもととなる細胞)を持って生まれてきます。原子卵胞は、生体活動を休止させた状態でストックされていますが、徐々に目覚め120日以上かけて卵子を排出(排卵)することのできる成熟卵胞にまで成長します。AMHを分泌する前胞状卵胞は、この成長の途中段階にある卵胞ですので、AMH値を測定することで、次周期以降に成長してくる成熟卵胞の数を予測することができるのです。

>> AMH(抗ミューラー管ホルモン)の詳細はこちら(AMHセミナー)

ページトップへ