おち夢クリニック名古屋

43歳以上の妊娠・出産を望まれるご夫婦へ ~体外受精費用の一部減額のお知らせ~

~体外受精費用の一部減額のお知らせ~

ご存じの方も多いと思いますが、国において、平成27年度補正予算(平成28年1月20日成立)により「特定不妊治療費助成制度」が改正されました。これに伴い、各自治体も「特定不妊治療費助成事業」について同様に改正され、平成28年4月1日からは以下の通りとなりました。

  1. 妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となります。
  2. 初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合、通算助成回数は6回まで
  3. 初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合、通算助成回数は3回まで
  4. 年間助成回数と通算助成期間の限度は廃止

当クリニックでは、43歳以上の患者様も多く治療されており、良好胚盤胞が獲得できれば、約25%の妊娠成績もでています。そこで、平成29年4月1日より、妊娠を希望される43歳以上の患者様へ、少しでも治療へチャレンジできるお手伝いとして、体外受精(採卵)の費用を以下のように減額させていただきます。

【減額内容】

  • 1回目の体外受精(採卵)から10万円減額とします。
  • 2回目以降の体外受精(採卵)から5万円減額とします。
  • 年間3回まで3年間まで(計9回まで)となります。

※ただし、採卵するも卵が得られない(受精しない、分割しない等も含む)のため中止した ものは除く

【対象】

  • 法律上の婚姻をしている方
  • 治療開始時に、妻の年齢が43歳以上
  • 平成29年4月1日以降に、初診にて当クリニックで治療を開始される方
  • 夫婦合算の所得額が730万未満の方(※採卵開始時までにご提出をお願いします)
    (申請には、夫及び妻の当年度(4月から5月の申請は前年度)の市民税・県民税証明書が必要となります。夫及び妻各1通、合計2通が必要です。証明書は、各市税事務所・出張所・区役所・支所の税務窓口にて発行しています)

【算出方法】

以下の算出方法に基づき、夫婦合算の所得額が730万円未満の方が対象となります。
なお、以下の所得の範囲及び所得額の算出方法は、児童手当法施行令第2条及び第3条の規定を準用します。

<算出方法>
所得額 = 総所得金額(A) - 諸控除(B) - 8万円(C)

※夫及び妻各々について、上記により所得額を算出し、その金額を合計してください。

(A) 総所得金額とは、給与所得の方は、給与所得控除後の金額です。
事業所得の方は、収入金額から必要経費を除いた額です。

※この総所得金額は、課税標準額の総所得ではありませんので、ご注意ください。

(B)諸控除については、以下の項目につき控除額を引くことができます。

  1. 雑損・医療費・小規模企業共済等掛金控除 : 実際に控除された金額
  2. 障害者控除 : 該当者1人につき270,000円
  3. 勤労学生控除 : 270,000円
  4. 特別障害者控除 : 該当者1人につき400,000円

(C)8万円は、総所得金額がある場合に、一律控除される金額です。

  • 注意1 : 譲渡所得のある方は、上記算出式に譲渡所得金額が加算されます。
  • 注意2 : 上記算出方法により、所得額がマイナスになる場合は0円になります。
  • 注意3 : 上記(B)諸控除は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に規定されている控除です。

ご夫婦本人のみならず障害者の方を扶養している場合等も対象となりますのでご注意ください。

【提出書類】

申請には、夫及び妻の当年度(4月から5月の申請は前年度)の市民税・県民税証明書が必要となります。
夫及び妻各1通、合計2通が必要です。証明書は、各市税事務所・出張所・区役所・支所の税務窓口にて発行しています。

ページトップへ