おち夢クリニック名古屋

良好卵の育て方(卵胞期の管理)

【採卵直前の2ヶ月が卵子の成熟に重要】

良好な卵子を得るためには、卵子が卵巣の中で成熟していく過程を重視しなければなりません。その期間は非常に長く、原始卵胞からでは5ヶ月以上に及びますが、特に最後の2ヶ月間が重要です。この間の卵子の成熟が乱されないように、私たちは完全自然周期を治療の原則としています。

【私たちは「未来の卵子」のことも考えています】

仮に薬を用いなければならないとしても、種類を選び、できるだけ少量に抑え、自然状態では体内に存在しないホルモン類、特にhCGに関連した製剤は使用しないようにしています。自然に近い状態で成長と排卵を促すことが、今成長し排卵する「現在の卵子」だけではなく、翌周期以降に排卵する「未来の卵子」に重要なことだと考えています。

【AMH値などから最適な治療方法を決定します】

完全自然周期を基本としていますが、薬が必要な場合、どの排卵誘発法が最適かは、採卵周期2、3日目に行うAMHやFSHの検査結果と、超音波検査で卵巣内に見える小卵胞の数から判断しています。

<最適な治療方法の見極め方>

<成功報酬制度が適用される治療方法>

<成功報酬制度が適用されない治療方法>

ページトップへ