おち夢クリニック名古屋

子宮内膜着床能(ERA)検査のご案内

当クリニックでは、新たに「着床の最適なタイミング」を遺伝子レベルで調べることができるようになりました。

ERA(Endometrial Receptivity Array)検査とは?

複数回移植しているが着床に至っていない方へ行う検査です。

具体的には、凍結融解胚盤胞移植する際、移植する当日の内膜が着床可能な状態にあるかどうかを、子宮内膜を採取し遺伝子レベルで調べる検査です。

子宮内膜の状態を着床可能に整えているつもりでも、遺伝子レベルでは準備が整っていない場合もあり、着床可能な状態になるまでさらに数日を要することもあります。

※本検査を行う周期では移植は行いません。検査をするのみです。
※実際の移植周期と同様にお薬は飲んで頂きます。

検査スケジュール

1. 検査の方法

【1周期目】

凍結融解胚移植をするときと同様の、血液検査、超音波検査、ホルモン剤補充周期に用いる薬剤を使用します。

  • エストロゲン製剤(内服薬もしくは貼り薬)を月経周期2日目から服用開始
  • 月経周期12日目ごろに内膜の厚さを確認
  • プロゲステロン製剤を開始して、6日目に子宮内膜組織を採取し、検査に提出

検査スケジュール

<着床可能 判定>

子宮内膜は着床可能状態です。検査はこれで終了。
次周期から同様の方法で胚盤胞を移植します。

<着床不適 判定>

子宮内膜が着床に適していません。
必要に応じて2周期目の検査へ。

※検査結果が得られるまで2~3週間を要します。

【2周期目】

1周期目と同様の方法で行います。

2. 子宮内膜組織採取について

当クリニックで行う子宮内膜組織の採取方法は、とても細いカニューレ管を腟から子宮内へ挿入し、検査に必要な量の組織を採る、最も侵襲の低い手法です。そのため、ほとんど痛みはありません。

3. 子宮内膜着床能(ERA)検査の料金

  • 1周期目の検査費用:165,000円
  • 2周期目の検査費用:147,000円

※表示金額は、全て税抜き価格です。
※料金は予告なく、変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※薬剤料、超音波などの検査料は別途必要となります。

詳しい検査方法などについては、診察時に医師にご相談ください。

ページトップへ