おち夢クリニック名古屋

不妊の原因

不妊の原因

不妊症と言っても夫か妻のどちらか、或いはその両方の場合など様々。
できるだけ早く原因が何であるかを確かめ、適切な治療を受ける必要があります。ここでは不妊の原因を解説します。

夫側の原因

  1. 精巣(造精機能障害)
    精液検査で精子濃度、運動率、奇形率が基準以下の状態
    無精子症:精液中に精子が存在しないことをいう。精子がつくられていない場合と、射精されるまでの過程で精子が輸送されていない場合があります。
    精子減少症:精子濃度2000万/cc以下。
    精子無力症:運動する精子が50%未満、または活発な直進運動をする精子が25%未満をいいます。
  2. 精路閉塞
    精子の通り道に障害があります。
  3. 性交障害(インポテンツ)
    性交時に勃起できない。射精ができない。
  4. その他、内分泌ホルモン異常、染色体異常など

妻側の原因

  1. 卵巣/無排卵性月経または無月経、黄体機能不全
    月経は行われても排卵されていない。ストレス、精神的な悩みから来る心因性。
  2. 卵管/狭窄、癒着、閉鎖
    卵管が狭かったり、卵管が癒着している状態。
  3. 子宮/筋腫、腺筋症、先天奇形、発育不全
    子宮の筋層の中にできた「筋腫の芽」が女性ホルモンの影響で大きくなってきた良性の腫瘍でガンではありません。筋腫ができる部位によって、漿膜(しょうまく)下筋腫、 筋層内筋腫、粘膜下筋腫の3つに分けられます。
  4. 子宮頚管/粘液分泌不全、頚管炎
    頚管粘液は、排卵日の3~4日前から排卵日にかけて分泌される(0.3ml以上)索糸性の高い透明なおりもの です。精子はその助けを借りて子宮頚管内を上昇し、子宮内にはいるのですが、頚管粘液の分泌が少ない場合、精子が子宮腔内に入ることが難しくなります。
  5. 骨盤腹膜炎、癒着
    高熱や下腹部の激痛、吐き気、嘔吐、などといった腹膜刺激症状がみられます。慢性化すると、卵巣、卵管、子宮、腸管、腹膜などの炎症部位が癒着し、鈍痛や牽引痛、腰痛などを起こします。
  6. 子宮内膜症
    子宮内膜組織が、子宮内腔面以外の組織や臓器などに存在して、周期的に増殖、脱落を繰り返す病気。このため卵巣に血液がたまるとチョコレート嚢腫ができたり、癒着の原因となります。

夫および妻 両方の原因

  1. 免疫性不妊
    女性のなかには血液中に精子に対する抗体ができる場合があります。(抗体とは異物が体内に入ってきた時にその異物を排除するために作られる物で生体の防御機構のひとつです)その抗体が頚管粘液の中などに分泌されますと、精子進入、受精の妨げになる場合があります。現在不妊症の原因となる抗精子抗体には精子不動化抗体と精子凝集抗体があると言われています。なかでも精子不動化抗体が陽性の患者さんは大変難治性の不妊症になる場合があります。

原因不明の不妊

種々の検査を行なっても、明らかな不妊の原因が判明しないもの。

ページトップへ