おち夢クリニック名古屋

からだにやさしい理由(治療方針)

自分の妻だったら、自分の娘だったら、
この治療を行えるだろうか?

私がいつも診察で念頭に置くのは、目の前にいるママになりたいと願う方が、「自分の妻だったら、自分の娘だったら、この治療をすることができるだろうか、この薬を使うことができるだろうか」ということです。

“妊娠”することだけが不妊治療のゴールではありません。ご夫婦が赤ちゃんを抱き、ママになり、パパになり、幸せな育児をすることが不妊治療の本当のゴールなはず。“妊娠”はあくまで通過点なのです。

“妊娠”を目指して治療を行うことは、当たり前のことです。その上で、当院では奥様の体の負担、又妊娠・出産後のご家庭の生活まで見据えた治療を行っております。

不必要な医療(オーバートリートメント)は行いません。
ご自身が持つ妊娠する力を最大限いかした治療を!

『おち夢クリニック名古屋』の不妊治療のお手本は、「自然妊娠」です。自然妊娠と同様に1個の卵を大切に扱い、からだにできるだけ負担の少ない治療を行ないます。

卵管で卵子と精子が出会え、一緒になれる力があれば、
「タイミング療法」や「人工授精」でその手助けをしましょう。

卵管で卵子と精子が出会えないけれど、一緒になれる力があるのなら、
「体外受精」でその出会いの場を提供しましょう。

卵子と精子が出会えても、一緒になれる力がないのであれば、
そこで初めて「顕微授精」を考えましょう。

当クリニックで実施している不妊治療は、この気持ちがベースにあり、必要以上の医療行為で患者様の負担が大きくならないように心掛けています。

1. 不必要な検査、ステップアップ治療はしない

検査は必要なところに必要なだけ行います。マニュアル化されたように、色々な検査を行うのではなく、必要な検査のみを行います。
そして、検査結果に基づき最適な治療を行なうことが大切です。タイミング指導では妊娠の可能性が極めて低い患者様に、タイミング指導から治療を行なっても貴重な時間がムダになってしまいます。患者様個々にあった治療を、行なうことが大切です。それが、患者様にとって、肉体的、精神的、経済的、時間的な負担を軽くすることにつながり、患者様の希望が1日も早く実現することにつながります。

2. 不必要な排卵誘発剤は使用しない

個人差はありますが、患者様はそれぞれ「卵をつくる、育てる力」をお持ちです。大切なのは、その力を最大限に利用し、足りないところを薬で補い、「卵をつくり、育てる」ことです。
患者様自身の力で育てた卵が一番良い卵であることは、私の長年の診療で得た大切な情報です。必要に応じて、必要なだけ排卵誘発剤を使用することが、卵にとっても、患者様自身のからだにとっても優しいことなのです。
大量の排卵誘発剤を使用した結果、将来的に患者様の体にトラブルを生じる危険性を増大させるようなことは避けなければならないと考えています。

3. 不必要な顕微授精(ICSI)はしない

私の診療は「自然妊娠」が基本です。体外受精でも卵子と精子は、自分達の力で出会います。しかし、顕微授精は、精子を人の手で選んで、人の手により授精させるものです。
「胚移植のキャンセルを防ぐための顕微授精(ICSI)」という保険的な意味で顕微授精を行なうことはせず、精子と卵子の力を大切にすることが重要だと考えています。

「妊娠するための不妊治療」ではなく、
「ママになるための不妊治療」なのですから……。

ページトップへ