愛知県名古屋市の不妊治療専門クリニック

身体と心のケア

自家血オゾン療法

自家血オゾン療法とは?

自家血オゾン療法は、まず、左右どちらかの腕から、100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにもっとも効果のある量のオゾンを正確に投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び、体内に戻します。これだけでも脳と目にも酸素がいきわたり、視界が明るくなり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。

実は、自家血オゾン療法は、アンチエイジングの効果ももちろんの事、保険診療の治療では改善しない症状や疾病に大きな効果が期待できる治療法なのです。

自家血オゾン療法は日本国内ではあまり知られてはいませんが、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、アンチエイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダード、かつ安全な治療法なのです。

<オゾン療法の歴史>

血液浄化療法で健康維持や免疫力向上
40年以上前にドイツで開発され、ヨーロッパでは広く認知されたオゾンを使った血液の浄化療法で、多くの医学的研究により裏付けのある治療です。その効能は広汎で健康な人には「疲労回復」「冷え症」「肩こり改善」など健康の増強効果。そして「免疫強化」や「血液循環の改善効果」。そして病気では「脳梗塞」「心筋梗塞」「糖尿病」「癌(がん)」などの疾患から、「膠原病(こうげんびょう)」や「中枢神経疾患」などの難病にも効果を発揮します。

英国のエリザベス女王の母君クイーンマムが、老化予防のために定期的に自家血オゾン療法をお受けになっておられたことでも有名です。

自家血オゾン療法により期待できる生理的な効果

ドイツ製医療用オゾン発生機

  • 全身の疲れ、筋肉の疲れを改善します。
    • ダメージを受けた筋肉の修復を促す
    • 乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化を防ぐ
  • 細胞の若返りを促進します。
    • 細胞の呼吸を正常化する
    • 活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ
    • 各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する
  • 病気にかかりにくい体質に改善します。
    • インターフェロンの産生を促し免疫機能を活性化する
    • 体内の免疫機能、デトックス機能の活性化
  • 手足の血液の循環を改善します。

自家血オゾン療法により治療効果の期待できる疾患

  • アンチエイジング
  • 不妊症、EDの症状改善
    • 骨盤内血流量の増加、子宮内膜の改善・卵巣機能の向上
  • 肩こり、慢性疲労、冷え性
    • 血液循環の改善、細胞の修復効果
  • 肝炎、HIV、インフルエンザウィルスの除去効果
    • 血液とオゾンの反応でインターフェロン等が産生
  • 慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫、腰痛等の症状改善
    • 局所の血流を改善、消炎、鎮痛効果あり
  • ガン、悪性リンパ腫、白血病への効果
    • 免疫機能を活性化する
  • 動脈硬化に起因する脳血管疾患
    • 脳循環を改善する
  • 狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患
    • 冠血流を改善する
  • 末梢循環の改善
    • 糖尿病性末梢神経障害、下肢静脈瘤の症状の改善
  • 抗アレルギー作用
    • アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症

治療方法について

左:オゾンを混ぜる前の採血直後の血液
右:オゾンを混ぜた後の体内に戻す血液

  1. 100~150mlの血液を採取します。
    採取した血液は、普通どす黒い色をしています。
  2. 一定量の医療用オゾンを血液に加えます。
    オゾンの量は、多すぎても少なすぎてもよい結果を得られません。 投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のある量のオゾンを、 正確に測定して投与します。
    血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。
  3. オゾンで活性化された血液を、そのまま戻します。これだけで、冷え性の方などは、治療の最中から身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。また、指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素がいきわたり、治療をしている最中に視界がクリアになります。

個人差はありますが1回の治療でも十分に効果はあります。
健康を持続させたり、老化予防(アンチエイジング)、疲労回復等が目的の方は、1~2週間に1度の治療を続けることで効果が維持できます。
癌の術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。

※感染の心配はありません
自家血オゾン療法においては、注射針・採血ボトルは1回限りの使い捨てになっています。
毎回、新しい滅菌ボトルに採血して、それをそのまま体内に戻します。完全に閉鎖空間での無菌処理になりますので、誰の手に触れる事もありません。つまり、外部からの感染の心配は全くありません。

その他の特記事項

予想される副作用

当院では重篤な副作用は認めていませんが、以下の副作用が予想されます。

<オゾンによる副作用>

オゾンの投与量が過多であった場合、施術後にだるさを感じることがあります。このだるさは、特別な処置をしなくても、約12~24時間程度で改善されます。

<使用する抗凝固剤による副作用>

●クエン酸ナトリウム
⇒ しびれ

●ヘパリンナトリウム(重大な副作用の場合)
⇒ ショック、アナフィラキシー、出血、血小板減少、HIT等に伴う血小板減少、血栓症

未承認医薬品、入手経路等について

本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。

【参考】未承認医療機器についての情報「個人輸入において注意すべき医薬品等について
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

国内の承認医薬品等の有無

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。

諸外国における安全性等に係る情報

本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。

本治療の代表的な書籍とされている「オゾン療法 第2版」によると、以下の記載がされています。
※血液クレンジングは「大量自家血オゾン療法」または「自家血オゾン療法」と表記されています。

第7章(オゾンの潜在的な毒性:オゾン療法の副作用および禁忌)より

  1. ドイツ、オーストリア、スイス、イタリアで数百万回の自家血オゾン療法セッションが行われた後にも、重篤な急性または慢性の副作用や癌の発生率の増加は報告されていない。
  2. これまでのところ、我々の実験データと臨床的エビデンスは何らリスクを示していない。Jacobs(1982)は、オゾン療法に考えられる全ての悪影響について慎重に調査した。オゾンは「毒性」で知られているにも関わらず、その発生率はわずか0.0007%であり、医薬品の中でも非常に低い値となっていた。
  3. コネリアーノ(ヴェネト州)の病院に長く勤務してきた非常に几帳面なオゾン療法士であるGiuseppe Amato医師は、自家血オゾン療法による治療を数年間受けた患者1,000例で軽度の副作用しかなく、後遺症はなかったことをヴェローナ議会(1999)で報告した。
  4. シエナ大学病院での我々の経験も重要である。我々は1995年以来、大量自家血オゾン療法を加齢黄斑変性患者で約8,000回、線維筋炎患者で約100回(~その他の投与方法は省略~)をしてきている。(~略~)2000年6月から2004年3月まで我々は、新しい無毒なシステム(ガラス等)と血液に対して正確な量の3.8%クエン酸Na(用量で1:9、又は25~225mL若しくは例外的に30~270mL)を使用し、オゾン濃度を緩やかに増加(通常10μg/mLから60μg/mLまで)させるようにした。上に述べたすべての副作用はみられず、他の副作用も生じなかった。さらに、アレルギー様の不耐性も観察されなかった。

治療実施について

当クリニックは日本酸化療法研究会(JSOM:Japanese Society of oxidative Medicine)の正会員として、適切な監修指導の元に自家血オゾン療法を行っております。

  1. 希望の方は事前に問診表に記入いただき、持病等の確認を行ったうえでの判断となりますので、診察時に医師まで申し出下さい。
  2. 治療後は安静等の必要はなく、通常の生活(仕事や家事)は問題ありません。
  3. 治療時間は約30分程度です。
  4. 治療の対象疾患は「不妊症」のみとさせていただき、それ以外の場合は申し訳ありませんが、お断りさせていただきます。
    当クリニックに通院中の患者様は11,300円(税込)/回となります。
  • おち夢は、こんなクリニック
  • 自然周期体外受精勉強会
  • 自然周期体外受精Webセミナー
  • 託児施設のご案内
  • 着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
  • MedeTa(メデタ)紹介ページ
  • インスタグラムQRコード
  • 公式インスタグラム

名古屋での不妊治療(体外受精)

おち夢クリニック名古屋

  • 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-12 
    久屋パークサイドビル8階
  • 初診予約 
クリニック外観

ページトップへ