愛知県名古屋市の不妊治療専門クリニック

不妊治療

SEET法による移植(先進医療)

受精卵からのシグナルで着床準備

受精卵は、成長の過程で子宮に向けてシグナルを送っており、子宮内膜は、このシグナルを受け、着床に適した状態へ準備を整えます。
この着床までの過程を応用した移植方法が、SEET法による移植となります。

方法と費用

処置の方法

受精卵を胚盤胞まで培養し凍結ができた場合、培養に用いた培養液を凍結保存します。この培養液には、胚の成長の過程で子宮に向けて分泌された因子が含まれています。
移植を行う2日~3日前にこの培養液のみを注入することで、子宮が着床に向け準備を始め、胚盤胞を移植する前に、着床環境を整えることができるため、妊娠率が向上する可能性があると考えられます。

処置の費用

40,000円(税込)

※料金は予告なく、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

詳しい検査方法などについては、診察時に医師にご相談ください。

  • 妊活プレチェック
  • 勉強会・セミナー
  • 映像で見る不妊治療「おち夢チャンネル」
  • 託児施設のご案内
  • 着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
  • MedeTa(メデタ)紹介ページ
  • eラーニング「体外受精について」
  • おちデンタルクリニック長久手
  • インスタグラムQRコード
  • 公式インスタグラム

名古屋での不妊治療(体外受精)

おち夢クリニック名古屋

  • 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-12 
    久屋パークサイドビル8階
  • 初診予約 
クリニック外観

ページトップへ