愛知県名古屋市の不妊治療専門クリニック

クリニック

保険治療では難しくても

自費でも、手を尽くしたい

奥さまの年齢が43歳未満の方々は、まずは費用を抑えることのできる保険診療からスタートされることと思います。それでも中には、これまでにも受けてきた体外受精などのART(生殖補助医療)が思うような結果につながらず、保険適用になったとはいえ、同じプロトコール(治療計画)の治療を繰り返すことに期待が持てない方、胚移植の回数が保険適用ARTの限度に達したが、まだあきらめきれないという方もおられるのではないでしょうか?

『おち夢クリニック名古屋』が、2004年の開院以来、ご夫婦の夢を叶えるために行ってきた、最新の医療機器を用いたオーダーメイド治療の中には、保険適用外となった医療技術やプロトコールが存在しています。また、薬剤を一切使用しない完全自然周期(ドラッグフリー)の体外受精などは保険適用での治療は可能ですが、検査の回数制限等の制限により、正確な治療経過を把握することが困難なため、『おち夢クリニック名古屋』では保険適用での完全自然周期治療は行っておりません。

ただし、これらの医療技術も、自費診療であれば、今までどおりご提供が可能です。

保険診療のARTでは難しそうだという方、保険適用ARTが限度回数に達したものの、まだあきらめたくない方をはじめ、下記のような思いを抱えておられるご夫婦は、一度、自費での不妊治療についてご相談ください。

  • 薬剤を使わない完全自然周期体外受精を試したい
  • 保険適用のARTでは妊娠しなかったけれども、あきらめたくない
  • 流産の可能性を減らしたい(PGT-A他)
  • 子宮内膜が薄い、卵巣の機能低下(PRP療法
  • 妊娠の可能性を残したい(がん生殖

「自費ARTをご検討ください」

【完全自然周期体外受精】

例えば、保険適用のARTにおいては、排卵誘発剤などの薬剤を用いない完全自然周期、いわゆるドラッグフリー周期の体外受精は認められていますが、保険適用ではホルモン検査や超音波診断などの回数制限等により、正確な治療経過を把握することが困難なため、当クリックでは保険適用での完全自然周期治療は行っていません(自費での治療のみ)。卵巣に必要以上の負担をかけず、採卵の次周期以降の月経周期を乱さないという点において、母になろうとされている女性のからだに優しい体外受精であると考えています。

【おち夢の自然周期体外受精】

長年、自然周期体外受精での高い妊娠率を誇ってきた『おち夢クリニック名古屋』のプロトコールでは、採卵直前のこまめな採血によるホルモン値の計測が欠かせません。血液検査で「からだの声を聞き逃さない」からこそ、ベストなタイミングでの採卵が可能であり、かつ土日にかかわらず緊急採卵が行える万全の体勢をとっているからこそ、貴重な卵を取り逃がさないのです。これらの真摯な取り組みが、高い成功率を導き出してきた要因の一つだと考えています。

良好卵の育て方(豊富な選択肢)

AMH値など個々の症状に応じた「オーダーメイド治療」をご提案しています。

  1. 完全自然(ドラッグフリー)周期
  2. レトロゾール単独周期
  3. レトロゾール低刺激周期
  4. クロミフェン中刺激周期
  5. PPOS周期
  6. など

【永遠幸グループの実績】

加藤レディスクリニックをはじめとした永遠幸グループ7施設(当クリニック含む)には、全国平均を上回る実績があります。

■移植当たりの生産率
(2018年日本産科婦人科学会UMINデータ)

― 全国施設585施設と永遠幸グループ 7施設(自然・低卵巣刺激周期採卵施設)の比較 ―

永遠幸グループ 7施設
(自然周期・低卵巣刺激周期施設)

  • 移植周期数 24,325件
  • 出産数 6,293件
  • 出産数全国比 11.3%

全国施設 585施設

  • 移植周期数 226,188件
  • 出産数 49,206件

【着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)】

『着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)』は、は、体外受精によって得られた受精卵(胚)の染色体数を、移植する前に調べることで、受精卵(胚)の染色体数に起因する流産を避ける目的で行います。2022年5月1日現在、PGT-Aは先進医療に認定されていませんので、実施することになった場合には一連のART、すべてが自費診療となります。

<対象者>

  • 反復ART不成功の方:胚移植を行うも、2回以上、続けて胎嚢が確認できていない方
  • 習慣流産:過去に2回流産された方
  • 染色体構造異常:ご夫婦のどちらかが、染色体構造異常(転座、逆位)をお持ちの方

【PRP(多血小板血漿)療法】

PRP(多血小板血漿)療法とは、ご自身の血液内の血小濃縮液を活性化したものを用いた、いわゆる再生医療です。PRPには、様々な成長因子(細胞を刺激し活性化させる因子)が含まれており、子宮内膜の着床環境を改善するとの報告、卵巣への投与により早発卵巣不全、卵巣機能低下の症例で効果があるとの報告があり、妊娠例も報告されています。当クリニックでは『子宮内膜へのPRP療法』に加え、『卵巣に対するPRPを用いた不妊治療』についても、厚生労働省より施設認定されています。

【妊よう性の温存(がん生殖)】

がん治療においては、それがたとえ生殖器にできたがんでなくとも、化学療法など全身に影響のある治療を行うことで、妊よう性(妊娠したり、妊娠させたりする能力)が失われることがあります。そのため、がん治療後「子どもを持つ可能性」を残すため、化学治療などを行う前に、ご自身の卵子や精子、パートナーとの受精卵などを凍結保存しておくという選択肢があります。お子さんを望まれる方は、がん治療の担当医師から「計画されている治療の妊よう性への影響」「がん治療後の見通し」などのご説明を受け、その結果、妊よう性温存を希望される場合には、できるだけ早くご相談ください。

  • おち夢は、こんなクリニック
  • 自然周期体外受精勉強会
  • 自然周期体外受精Webセミナー
  • 託児施設のご案内
  • 着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
  • MedeTa(メデタ)紹介ページ
  • インスタグラムQRコード
  • 公式インスタグラム

名古屋での不妊治療(体外受精)

おち夢クリニック名古屋

  • 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-12 
    久屋パークサイドビル8階
  • 初診予約 
クリニック外観

ページトップへ